街コンや合コンパーティ、恋活婚活アプリを駆使して素敵な恋愛をしていこう♡

恋活相談所

Pairs

彼氏・彼女が出来ない・結婚できないのは考えや生き方が多様化した結果では?

更新日:

数年前から、未婚者が増えている、そもそも彼氏・彼女がいない人が増えているといった情報がマスコミを中心に繰り広げられています。

(私の友人、特に地元や仕事関係で接しているサラリーマンは既婚者が多いですが…)

こうした情報はその理由を特に明かしたりしないですが、生き方が多様化して、結婚することが全てでないと考えている人も多いからなのでは?と思ったりします。

その昔、バブル期頃までは20代の中盤までに良い人を見つけて結婚すると言うのが「当然」な流れだったと思います。

恋愛できなくてもお見合いしたり、上司が良い人を紹介したりと、本人だけでなく周りの人が結婚のレールを敷いてくれていたのではないでしょうか?

その後、バブルが崩壊して2000年も中盤を過ぎた頃から、結婚できない男・女と言うのが取り上げられていったと思います。

それを不景気だの、お金がないだのとマスコミは理由をつけたがりますが、本当に金銭的な面が理由なんでしょうか?

そうであれば、戦前・戦後の混乱期に結婚など不可能だったでしょうし、大正・明治・江戸と時代を遡れば遡るほど貧乏な人が多く、結婚どころではなかったはずです。

現代社会で結婚していない人が多いのは、考えや生き方、価値観が多様化しているので、レールの上に乗る必要がないと考える男女が増えているからだと思うのです。

昔のように結婚することがライフプランとしてマッチしない、一人でも楽しめる、何歳になっても趣味を謳歌したいと考えれば、無理に結婚を考える事はないでしょう。

上司が部下に良い人を紹介しようにもセクハラと言われる恐れがありますし、価値観として結婚したいと強く思う人は結婚相談所に向かっているのです。

結婚の良さはもちろんあると思います。

その良さに乗っかりたいと思う人は結婚を夢見ることでしょう。

逆にシングルライフが良いと思う人は、結婚せずに個人で楽しい人生を歩んでいくことでしょう。

彼氏・彼女がいる・いないも個人の価値観の問題だと思います。

問題は、価値観で片付けるとますます少子高齢化が進んでいってしまう事でしょうね。。。

 

*結婚の前に先ずは恋をしたい人は管理人推奨の恋活マッチングサイトをお試ししよう! ▶▶▶ Pairs【公式サイト】

pairs

 

 

-Pairs

Copyright© 恋活相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.